読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泉明日香イメージDVD発売イベント アソビットシティ6F 12:00

この日のイベントは小池里奈原紗央莉に行くのが主流であろうが、私は傍流の方へ行ってきた。今から3、4年前「Tバック中学生」としてセンセーショナルに登場し、「ジェネジャン」で総口撃をくらってしまった泉明日香が沈黙を破り、久々にイメージDVDを発売し、イベントをやるということで参加してきた。ただ、あの当時の衝撃から比べれば、いまは16歳の高校生ということで、普通のレベルになった影響もあったのか、参加者は30人程度と少なめであった。日本メディアサプライの「激写」シリーズということもあって、ジャケットではTバックショットもあるものの、前述したとおり、最初のインパクトがあまりにも強烈だったため、触手は伸びなかった人が多かったのであろう。しかも、1枚購入で2ショット(水着で)という大盤振る舞いでもこの参加者であったことから、昔の名前で出ています的な感じなのであった。この日のMCは、このまえの和倖由奈のイベントでミラクルとも呼べるだめだめ進行を展開した「おねがい」の二人。このまえはツッコミのほうがメインで進行をしたのだが、全く台本を覚えておらず、ひどすぎて、ボケのカマキャラの方が、相方のひどさに耐えきれず進行を進めるというお粗末ぶりであった。で、今回はその轍を踏まず、ボケのカマキャラのほうが進行をしたのだが、今回は仕切るのに緊張しまくって、かなりのてんぱりぶりで、泉明日香の方が心配してしまうくらい上がっていた状態でそっちの方が気になってしまった。しかも、撮影タイム前のプレゼントじゃんけんをすっ飛ばしてしまい、完全にフリーズ状態であった。といったわけで、泉明日香のトークは完全に存在感無しのものになってしまった。ただ、撮影タイムでは青を基調とした紐パンビキニで、スタイルの良さは堪能できたのは良かった。結局あまりにもトークイベントがひどかったので、「ジェネジャン」で娘のバッシングを全面に受けていたマネージャー兼母親が登場し、娘の胸の小ささをいじりながらの撮影時のエピソードを披露してそれなりに盛り上がったのだが、「おねがい」にとってはかなり凹んでしまい、今後秋葉原のイベントで見かけることは皆無にならないか、そっちの方が心配である。




モデルポーズが結構映える泉明日香。さすがにTバックは無しということで。


有る意味、このイベントのMVPとも言える「おねがい」。今後お目にかかることがあるかどうか、いささかびみょ〜