読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1年4ヶ月ぶりの...

ただいま(爆)
カネヒキリに比べれば休養期間も短いし*1、復活した劇的度も月とすっぽん、大晦日というちょっと中途半端な時期に再更新だが、とりあえず、細々と記載しようと思っている2008年最後の日である。
とりあえず、現況報告とかを...

とりあえず、最近どう?

色々な意味でびみょ〜ということで(苦笑)
体調に関しては、咳の量が全然減らず、今年の夏頃はのどや食道も痛くなったので、2008年9月8日に内視鏡デビューを果たした。結局ストレス性の食道炎と、胃炎と言うことで、内服薬をもらって経過観察中である。鬱モードの状況も時々あるが、カウンセリングするほどではない。こんな状況だけで鬱病と言ったら香山リカに糾弾されてしまうことだろう。そういえば香山リカが立教大の教授にいつの間にかなっていたのは驚いてしまったのだが...
仕事の方も、建設業界やゼネコン、不動産業にリンクしている業種であることから、10月以降から急に仕事の量が減ってきている。給料の方も下降モードの状況である。

スポーツに対する興味は?

激減、休養前の90%減といっても過言ではない。一応、EURO2008は本戦の全試合をエアチェックしたし、北京五輪もかなり録ったりしていたりする。でも、なんかぴんと来ないのである。漠然とした表現ではあるが、ぴんと来ないのである。結局、報道している方の興奮や煽り方と、自分が興味ある方向とにズレや温度差があると思う。マンチェスター・ユナイテッドvsガンバ大阪も3点大阪がとったことやマンUが少しでも本気になったことはすごいかも知れないが、そのすごさを伝える方の方向性がずれてしまっているのかもしれない。男子について言えば、少なくともサッカーとバスケットボール、バレーボールにアイスホッケーについては、アジアは蚊帳の外になってしまっているように見えてしょうがない。野球について言えば、以前星野ジャパンがジーコジャパンに見えると書いたことはものの見事に的中してしまったが、韓国やキューバの国に特化しすぎた野球環境という点も、何かズレを感じてしまった。WBCのついて言えば、日、韓、キューバの入ったプールよりも、アメリカ、ドミニカ、プエルトリコベネズエラ、パナマの入ったプールの方が野球としては面白いかも知れない。一応、西武ライオンズ東尾修譲りの渡部久信イケイケ野球が爆発して日本一になったものの、予想通り大久保博元の天狗の鼻はへし折られ、重石になっていた黒江透修もついていけずに退任。来年が真の実力が問われる年であろう。とりあえず、赤田将吾が真のキャプテンとしてベンチウォーマーから脱却することがキーであろう。
改めて書いてみると、90%減は言い過ぎかなと(爆)

TVバラエティへの興味は?

半減?と言ったところであろうか。「あるある大事典」のやらせ打ち切りの補完番組で、当初CXにいた芸人やヒマな芸人をとりあえずブッキングするだけして、短いネタを片っ端から流しただけであった「レッドカーペット」が、完全に2008年の笑いの規準になってしまったのは、衝撃的ではあった。ただ、飽きは来るわけで、来年が正念場であろう。
「夢列島」については、いわゆるひょうきん族視聴世代であった芸人やタレント、スタッフが「お笑い怪獣」や「足立区のたけし」に直接からむことが出来て躁状態になっている様を見せた番組だったという印象であった。たけし・さんまに衰えは無しという評判だが、痛々しさをさんま・たけしには感じてしまった。それに気がつかず、一緒にはしゃいでいる現有勢力の方の地力の弱さを感じてしまった。三宅恵介がCXに嘱託で残るというのが、一番の驚きであった。てっきり、オフィス事務所に顧問として入り、明石家さんまの懐刀として活躍するかと予想していたのだが...
M−1について、簡単に言うと、ようやっとNON STYLEが表舞台に登場できたというのが一番の感想である。ちなみに敗者復活戦で言えば、マシンガンズの壊しっぷりと流れ星のやりっ放しぶりが一番笑えた。本気で流れ星が本戦に来るかもと思ったくらいである。

音楽はどう?

これも半減である。Perfumeの過剰なまでの消費のされ方は、中田ヤスタカが10年後、別な面で世間から取り上げられていないか心配してしまうほどである。
サザン無期限活動休止、50を過ぎてもなおさかんな桑田佳祐と50相応の体力の衰えを見せている他のメンバーとのギャップがこういった結果を生んだのであろう。大森隆志の脱退(桑田佳祐苦渋の決断による解任)でサザンへのモチベーションはほぼ無くなってしまい、「キラーストリート」がビートルズの「Abbey Road」のごとく燃え尽きる寸前の最後の爆発力として留めたことで、サザンはこのまま自然消滅すると思う。
ただ、桑田佳祐はAAAのイベントで宙づりしたり、1人カラオケで歌いまくったりして元気な状況は、正に同年代の明石家さんまの「お笑い怪獣」よろしく「音楽怪獣」と言ったところであろうか。

温泉、行ってる?

ぼちぼちと。。。今年はGWに青森の主要温泉を巡り、夏は八幡平と鳴子に行ってきた。秋口は「自由人」で郡司勇が特集で紹介していた関西の日帰り湯で、神戸市の温泉銭湯巡りもした。本当は九州の温泉にも行きたかったのだが、やはり資金面の都合で断念した。とりあえず来年は未開の地である鹿児島(霧島温泉郷鹿児島市の温泉銭湯巡り等)に行ってみたいし、別府・長湯・黒川の大分〜熊本縦断の温泉巡りを再びやってみたい。

アイドルへの興味は。相変わらず?

これは、相変わらず。というか、半年くらい前に現場派へ復活してしまった状況である(爆)
ちなみに、ミスマガジン日テレジェニック、マガジンメイト、全て名古屋まで行ってきました(爆)
ちなみに、2008年12月31日現在のアイドルベストイレブン

ポジション 背番号 アイドル名 選手に喩えるなら
GK 1 熊田曜子 ファン・デルサール
DF 3 岡村麻純 エインセ
DF 5 香里奈 サネッティ
DF 4 大谷澪 リカルド・カルバーリョ
DF 2 佐藤さくら グリゲラ
MF 6 西田麻衣 セスク・ファブレガス
MF 8 奈津子 フレブ
MF 10 片瀬那奈 ランパード
MF 9 橘麗美 スナイデル
FW 7 優木まおみ トニ
FW 11 原幹恵 ルーニー

  (順不同)
ちなみに、相変わらずのDDぶりなので一日ごとに激変する状態である。



ミスマガジン2008・名古屋
このころからデジカメの調子が悪く、5ショットはとれずじまい(苦笑)

日テレジェニック2008・名古屋
奈津子がマリンルックOKと言うこと自体、インパクトがあった。

マガジンメイト・名古屋
この中では、森はるかが一押し。スタイルの良さと胸のエロさが何とも言えない。望月美寿々は胸のふくらみにパンチがあるのは直に見て一番インパクトがあった。奏木純はともかくバスト69と言う数値のインパクトが鮮烈なのだが、直に見るとお人形さん顔で可愛かった。小池唯は普通すぎたかな(辛口)
ちなみにマガジンメイトの司会をやっていたのが、この日の仕事があったため、わざとM−1を3回戦で落ちたという噂が、どこにも広まっていないポテト少年団の菊池であった。

あまりにも不憫であったため、イベント終了後に写真を撮ってあげた。有明でやったM−12006の敗者復活戦をskyAで見ていた話をしてあげたら、「有り難うございます」と丁寧に挨拶してくれた。ちなみにこのイベント後、名古屋のイベント参加者からサインやらツーショット写真を撮られており、人気者になっていた。「ありえない話」でも正統派の怒りトークを披露していたが、トリオ芸はソーセージやBコース、もう少しメジャーで言えばロバートもいるから、大変と言えば大変である。
千原ジュニアをもう少し色男にしたルックスの良さも、武器になるかどうかびみょーであるが、今後チェックしておきたい芸人の1人になったのは間違いない。
ちなみに、M-1敗者復活戦を見ての感想は、

ポテト少年団
黄色いメガホンを使うグループという昭和の心をもったトリオ登場(笑)。ドリフとチャンバラトリオを足して2で割ったような感じであった。
参照http://d.hatena.ne.jp/REDDEVILS/20061224/p1

やはり、芸風がもろにだぶるであろうBコースを越えることが2009年の目標かなと(辛口)

*1:カネヒキリ:2年4ヶ月休養 REDDEVILS:1年4ヶ月休養