グラビア

ミスFLASH2017YO-SO-U(予想)最後の最後に究極のすかしっ屁を( ̄▽ ̄;)

reddevils.hatenablog.com 今日、帰りの電車でふと、こんなトンデモな展開もなくはないなと思ったので、すかしっ屁を(・。・; 明日発売のFLASHもしくは、17日になる新春第二号の最後のページにこんな記事が掲載している可能性が…少し自分でも意地が悪すぎる…

ミスFLASH2017、最後の悪あがきとしてのYO-SO-U(予想)

とりあえず、このことを書こうか書くまいか悩んでいたが、とりあえず備忘録として残しておこうかと。どうやら1/5のミスFLASH新春特大号で発表ということになりそうで、そうなると1/4にニッポン放送のイマジンスタジオで吉田尚記アナウンサーことヨッピーの司…

2016年の『〆』てきなもの

とりあえず、紅白や笑ってはいけないやKYOKUGENやRIZINや内山高志最後の戦いや林修とくりぃむしちゅーの仁義なきクイズ合戦が間もなく始まるような2016年12月31日の夕刻である。 とりあえず、わたくし個人にとって2016年を漢字一字で表すとこれに尽きると思…

10月も中旬を過ぎたので、そろそろミスFLASH2016のことでも書こうかかなと思う今日この頃

今年は1ヶ月くらい前倒しされて始まっているミスFLASH2016であるが、今年はあまり参加していないのが実情である。ま、なんだかんだ言って人気者になろうと思っている方を追っかけてしまったことが原因というなにがなんだかな展開なのですが( ̄▽ ̄;)。 実際…

ボクが誰かに9月のうちに言っておきたい「人気者になろう」の5〜6個のこと(第3話)

(注意)これから書き記すことは、あくまでも自分が見たものについて、推測、推察を試み、個人的見解として述べているものである。あくまでも個人的見解ということを踏まえていただきたい。しつこいようだか、自分の頭の中で組み立てた一つのロジックに過ぎ…

ボクが誰かに9月のうちに言っておきたい「人気者になろう」の5〜6個のこと(第2話)

(注意)これから書き記すことは、あくまでも自分が見たものについて、推測、推察を試み、個人的見解として述べているものである。あくまでも個人的見解ということを踏まえていただきたい。しつこいようだか、自分の頭の中で組み立てた一つのロジックに過ぎ…

貴様、いつまで日テレジェニックにこだわっているんだ問題について一席

タイトルについては、勿論、2010年代の無着成恭(笑)もしくは内海好江と呼ばれているラジオ・クイーン、ジェーン・スーのこちらの名著へのオマージュである。貴様いつまで女子でいるつもりだ問題作者: ジェーン・スー出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2014/07/…

ミスFLASH2015発表に関する雑感と反省

ミスFLASH2015 ・為近あんな ・あべみほ ・星乃まおりとりあえず、無印にした星乃まおりが入った段階でYOSOUは大外れということで… ただ、選ばれた後に言うのもなんだが、ミスFLASH選考委員会a.k.aジェダイ会議らしい選び方だなとも言える。 結局、160cm台を…

ミスFLASH2015のYOSOUを手短にしようとしたつもりが…

ミスFLASH2014の選ばれ方におけるなにかではないなにかのことや、セミファイナルにおける中原未來のW杯のザッケローニジャパンばりの「なにか」や、そして、ファイナリスト12人のそれぞれのロジックetc.書き出したらキリがないのだが… おそらく、年明けにDV…

アイドルの穴2014始動に向けての個人的見解と日テレジェニック2014のYO-SO-U(第一稿)

結局今年も始まってしまった日テレジェニック2014に向けての「元祖」?サバイバルオーディションアイドルの穴2014。3/1に発表された候補生の人数が「たった」34人ということで今年は6人も選ばれないだろうとか、日テレジェニックも地に堕ちたとか瞬間的には…

敢えてこの段階で日テレジェニック2013をYOSOU(予想)し直してみる

取りあえず、長かったような短くなかったようなww 99人の段階では、どうなることかと思ったのだが、やはり大詰めに来て毎度おなじみの展開になってきている模様である。 実際のところ、今年は本放送の「アイドルの穴2013」はほとんど見ていない。ま、倉持由…

今日売りのヤンジャン

伊藤えみのエロかしこいモードのグラビアに好感触だったが、それ以上に気になったのがこのグラビアのロケ先。どこの温泉で撮ったのか。伊豆か熱海あたりか。巻頭の川っぽい温泉は尻焼温泉にも見えたのだが、この時期にビキニで撮影はガンバルマンズ並みの過…

2009年の注目のポイント ([主にグラビア]アイドル編)

一応、2009年も現場派として行こうと思っているよていなので(爆)。三度の飯よりすきな水着グラビアの注目点をプロダクション、カテゴリー、グラビア企画etc.から羅列的に... アーティストハウス・ピラミッド、プラチナム、アヴィラ(旧アヴァンギャルド) …

山崎真実vs浅尾美和(乱入で夏目理緒)

確かに、スポーツ選手というカテゴリーでは、浅尾美和というのは出色すべきルックス、スタイル、露出であるのは間違いない。ただ、山崎真実の方が寄りエロティックでよりsexyで、よりダイナマイトであり、均整のとれているスタイルで比べものにならないほど…

そのほかの水着グラビアは...

1ヶ月くらい前のWPBで特集していたチュ〜ボ〜(U14)水着グラビア特集。一番驚いたのは、小林万桜を除いた5人(しほの涼、岸波莉穂、梅本静香、多田瑞穂、宮沢静香)のDVDを購入しているという事実である(爆)小・中学生の水着グラビアで共通していると…

ミスマガジン2006&日テレジェニック2006は...

ミスマガジン2006セミファイナリスト 全く触手動かず(辛口)ネームバリューで言えば、仲村みうが一番気になるかと言ったくらいである。 日テレジェニック2006 とりあえず、相澤仁美と原幹恵かなと(爆)相澤仁美については、今更なんで?という感はぬぐえな…

購入物

仲根かすみ「Quiet dayz」sabra増刊 野村誠一撮影による照明の陰影のくせが正直言って悪い咆哮に出ている帰来があるのは勿体ない。でも、この年齢でまだ、三角ビキニのグラビアを展開するとは思ってもいなかった。体型に丸みを帯びた部分が目立ってきている…